昨年の失敗事例から学ぶ「2021年の新規営業・マーケティング 3本の矢」

昨年の失敗事例から学ぶ「2021年の新規営業・マーケティング 3本の矢」

2021年も新型コロナウイルスによる世界的な脅威は続き、先行きは不透明です。

昨年は顧客に会えない中、新規営業やマーケティング施策を見直した企業が多く見られました。
しかし、たくさんの企業がウェビナーにシフトした結果、多くの顧客がウェビナーへの関心を失ってしまい
集客が上手くいかなくなりました。

リードや問合せの獲得も1年を通してみると、前年より下がっているのがわかります。
関心の低い顧客への訪問はもってのほか、アポ獲得すらできない・・・。

このような昨年の失敗を教訓にし、2021年も継続して新規営業とマーケティングを改善していかなければなりません。
具体的にどのように取り組めばよいのでしょうか?

本セミナーでは、2021年の「新規営業・マーケティング」を、改善していく方法をご紹介いたします。
昨年の失敗した営業・マーケティング事例から、2021年の営業トレンドを学んでみませんか?
 

2021年の新規営業・マーケティング 3本の矢

ウェビナー

インバウンドマーケティング(=リード&問合せ獲得)

インサイドセールス

SEMINAR INFORMATIONセミナー概要

日時
2021年2月18日(木) 10:00~11:30(9:50 受付開始)
視聴
オンライン(Zoom配信予定)
定員
100名(抽選)
主催
ラシックマーケティング株式会社
SALES ROBOTICS株式会社

PROGRAMプログラム

9:50 受付開始

10:00〜10:30 昨年の失敗事例から学ぶ① 「2021年の新規営業・マーケティング 成功の方程式」

ウェビナーの案内だらけで、ウェビナーに飽きた顧客が増えました。
しかし顧客接触できない今、Webセミナーは新規営業の軸です。
再びウェビナーを集客を増やすための方法はあるのでしょうか。
製品ページからリードや問合せを獲得する手法も欲しいでしょう。
成功する2021年の新規営業のやり方をお伝えします。

10:30〜11:00 昨年の失敗事例から学ぶ② 成果への近道は「ハイブリッド型インサイドセールス」

展示会やオフラインセミナーでリード(見込み顧客)を獲得しにくくなった現在、リード1件1件の貴重さは相対的に上昇しています。
一方でWEBマーケティングやウェビナーでのリード獲得件数は増加傾向にあるものの、リードフォローの体制が追い付かずボトルネックになっているケースが多く見受けられます。
これまで獲得したリードを丁寧にフォローし、適切な時期に商談化することが、冬の時代を生き残るための重要なポイントとなります。
当セッションでは、リードの醸成方法、商談化タイミングの設計など、1,000社以上のご支援を通じて得たクライアント企業と当社のハイブリッド型インサイドセールスについてご紹介します。

11:00〜11:30 トークセッション
 イケてる施策、イケてない施策ランキングを発表します
 また、お寄せいただいたQ&Aに回答します

APPLICATION FORM申込はこちら